スタッフ紹介 - 詳しいプロフィール

林 尚 (はやし なお) 1978年9月5日生まれ A型

林 尚 (はやし なお) 1978年9月5日生まれ A型

●2006年 株式会社日本CI協会入社
 リマ・クッキングスクール事務局業務に携わる。
●2008年 株式会社サンライフ入社
 「健康・自然食品の店 サンライフ」店長として日々邁進中!

☆サンライフに従事するまでの経緯と想い
両親が二人三脚でこのお店を営んでいた姿は、ごく自然の光景でした。
恥ずかしながら、昔から「夢」「目標」というものを持ったことは無く、
一つの物事に一生懸命に取り組むことを格好悪いとすら思っていました。
高校卒業間近も「今が楽しければ」という刹那的な感覚から就職活動は考えもせず…
単純に「まだ社会に出たくない」「スタイリストは響きが良い」という理由だけで、
服飾系専門学校へ進学しました。
強い動機も無いまま専門学校を卒業後、
縁あって就職した婦人服メーカーで営業部に配属されました。
少人数体制での過酷な労働環境は私の不摂生に拍車をかけました。
そして就職から3年目でついに身体を壊して、
精神的にも弱っていた私は、止む無く仕事を辞めることとなりました…
その理由は一目瞭然でした。学生時代から自宅には寝に帰っていただけで、両親とまともに会話することもなかった私は… 外食が続き、体重も10kg以上増加…当然体調が良いはずありません…

そんな精神的にも肉体的にも最悪の状態であった私を救ってくれたのが、両親であり、自然食でした。

休養期間の二ヶ月間、毎日自宅で母の手料理を食べていただけで、
なんと体重は10kg減!
幼い頃、当たり前のように食べていた自然食を、
その時程、重要だと感じたことはありませんでした!

そのことがきっかけとなり、私は食の業界に強い関心を持ち始めました。

そして何年か経ち、関心のままの私の気持ちが大きく変化する転機となったのが父の死でした。
父の死はあまりにも衝撃的で、その時に私はハッとさせられました!

「自分は何をゆっくりとやっているんだろう…」

「いつまでも両親が元気でいる・・と甘えていたんじゃないか!?」

「本当はずっとこのお店を継ぎたいって思っていたのではないか!?」

自分の気持ちに気付いた時にはすでに遅く、結局父にそのことを伝えるはできませんでした。

父の死を以て、自分の役割に気付かされた私は、ついにこの業界に入ることを決意しました!

母にその気持ちを告げると、父からの生前の想いを教えてくれました。
「サンライフでやっていきたいのなら、まずはよそを見た上で判断してほしい」
昔から父は「継いでほしい」とも「継ぐな」とも言いませんでした。
ただ時代が目まぐるしく変化していく中、
息子だからというだけでサンライフを継ぐのでは、
両親の枠を超えることはできないと父は考えていたそうです。

私は父からのメッセージを遺言として受け取り、
自然食品業界に飛び込んでいきました。

最初は日本CI協会と縁あって働くこととなりました。
料理教室を経て「マクロビオティック」を学んだ私は、
30歳という区切りとともにサンライフに入社しました!

サンライフに入って気付かされたこと。

人に伝えることにより、今まで当たり前だと思っていた「自然食に囲まれている環境」がいかに恵まれているかということ!

健康を通じてお客さまの笑顔が見られることが心から嬉しいこと!

私がこれまで強い動機を持たずに選び歩んできた経歴、どれもが大きな共通点がありました。それは「人と笑顔を持って接する」こと!

サンライフでお客さまと関わっている中で、「ああ、私はこのために今日までの道を歩んできたんだ」と気付かされました!

物心ついた時から人生の一部であるサンライフ!
私は今、この仕事を与えられていることに心から感謝しています!



pagetop

ブログ新着画像

test

メルマガ登録

メルマガに登録すると、セールなどのお得な情報やイベント情報などを定期的にメールでお届けいたします。

メルマガ登録はこちら